アダルト・チルドレンの変化は、心身一元、アクセルとブレーキ

カウンセリング、ワークがすすむみ、これまで使っていた力の無力さを知り、共依存的な傾向から脱出しはじまると、

「ほんとうに、何をやってきたのかばかばかしくなりました。」

「でも、この先に(探求の)別の未来がある気がすごくするのですが、どうしたらよいかわかりません」

「着ている服が、からだに小さすぎて窮屈です。イライラします」

「いままで聞こえない音が聞こえます。」

「今日の空は、泣いているようで、晴れ間もあります。どちらもあるのですね」

「ものすごく寂しいです」

というようなナラティブが増えてきます。カウンセラーは、これらのナラティブの変化を敏感に聞いています。

エッジを越え、ほんとうの自分への旅がはじまりつつあるな〜。

この期間大事なのは、アクセルとブレーキ

感情への気づきがどんどん増えますが、ややもすれば、現実から目が離れることもあります。身体の不調として感じられることもあります。

アクセルは、感情の探求です。そして、ブレーキ、(エンジンブレーキ)は、身体感覚(feeling)です。このステージに居る時は、アクセルとブレーキのバランスに意識を向けてもらうようにします。

アレルギーになる、ヘルペスになる、だるーくなる、いっぱい眠ってしまう、(現状へ)やる気がない、などなど。は、良いサインかもしれません。

アダルト・チルドレンの変化は、心身一元です。

感謝をこめて!

関連記事

  1. アダルト・チルドレンを対象とした個人面接と精神力動的理論をとりいれたゲ…

  2. グループワーク・グループサイコセラピーは、修正感情体験を提供し、パーソ…

  3. アダルトチルドレングループワークとは、いったい何をやっているのか?その…

  4. 統合的グループワーク研究コース:プレオープン講座・ワーク全6回 #6 …

  5. カウンセラー、自己探求者のためのマーケティング実践研究 無料ニュースレ…

  6. 気づいていない膨大な印象」Body of impression を与え…

  7. 統合的なカウンセリングを学ぶ PIAS実践講座:プレ講座 10月28日…

  8. 日本家族と子どもセラピスト学会 第10号 論文:「アダルトチルドレンを…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 養成講座・研究コース

    統合的グループワーク体験会@鎌倉 12月15日(…
  2. AC

    ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュ…
  3. 養成講座・研究コース

    統合的グループワーク研究トレーニングコース:20…
  4. 研修

    援助職のための研修・マインドフルネスワーク
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ