生きづらさとは、=自然な形での自己治癒の経過の現れではないかという仮説を持っています。

低気圧通過後の波あり湘南です。(^^ゞ

自身の生きづらさを、
自分を知ろうとする姿勢には、勇気がいるものです。知らないで、見ないふりをして、おちゃらけて、過ごせればそれに越したことはないかもしれません。

でも、知らずにはいられなくなることもあります。

どうしてこんなに生きづらい?

いつも必死に走っているようで、気がつくとヘトヘト。

人間関係でいつも、つまずいてしまう。

溶岩のような怒りが流れている!

私は、それらは、なくしたり、治療したり、排除したり、するものではないのではないかという視点からカウンセリングを研究しています。

生きづらさとは、=自然な形での自己治癒の経過の現れ。ではないかという仮説を持っています。

私自身、さまざまな人生の辛酸のふちを歩いてきたように思いますが、そしていま、カウンセラーと名乗っていますが、

私にとっては、カウンセラーとは、生きづらさを変容させた、新しい私の自己の在り方で、

それは、アーティストであり、自分の専門家になる道、そのものと感じています。

感謝をこめて!

関連記事

  1. 日本家族と子どもセラピスト学会 第10号 論文:「アダルトチルドレンを…

  2. 体験参加を歓迎しております!カウンセラー・自己探求者のマーケティング研…

  3. カウンセラーのためのPIAS研究講座:プレ講座その1 7月7日土曜日1…

  4. 統合的グループワーク研究コース:プレオープン講座・ワーク全6回 #6 …

  5. A sense of self-satification is goo…

  6. アダルトチルドレングループワークとは、いったい何をやっているのか?その…

  7. 統合的グループワーク トレーニングコース 2017年 予告

  8. 統合的グループワーク実践研究〜ワーク中の「行き詰まり」とは大切なプロセ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 養成講座・研究コース

    統合的グループワーク体験会@鎌倉 12月15日(…
  2. AC

    ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュ…
  3. 養成講座・研究コース

    統合的グループワーク研究トレーニングコース:20…
  4. 研修

    援助職のための研修・マインドフルネスワーク
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ