生きづらさとは、=自然な形での自己治癒の経過の現れではないかという仮説を持っています。

低気圧通過後の波あり湘南です。(^^ゞ

自身の生きづらさを、
自分を知ろうとする姿勢には、勇気がいるものです。知らないで、見ないふりをして、おちゃらけて、過ごせればそれに越したことはないかもしれません。

でも、知らずにはいられなくなることもあります。

どうしてこんなに生きづらい?

いつも必死に走っているようで、気がつくとヘトヘト。

人間関係でいつも、つまずいてしまう。

溶岩のような怒りが流れている!

私は、それらは、なくしたり、治療したり、排除したり、するものではないのではないかという視点からカウンセリングを研究しています。

生きづらさとは、=自然な形での自己治癒の経過の現れ。ではないかという仮説を持っています。

私自身、さまざまな人生の辛酸のふちを歩いてきたように思いますが、そしていま、カウンセラーと名乗っていますが、

私にとっては、カウンセラーとは、生きづらさを変容させた、新しい私の自己の在り方で、

それは、アーティストであり、自分の専門家になる道、そのものと感じています。

感謝をこめて!

Posted in 養成講座・研究コース.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です