アダルト・チルドレンのためのゲシュタルト・セラピー1DAY 鎌倉 10月25日(水)

ゲシュタルト療法は、伝統的な心理療法のように、その人の過去の問題を分析して解決することに重きをおかず、「いまーここ」に焦点をあて「気づき」を大切にします。
しかしながら、最近欧米ではゲシュタルト療法に精神力動、あるいはプロセス指向などの臨床的な視点をとりいれる報告が見られます。

「アダルト・チルドレン」というコンセプトは、診断名やレッテルではなく、自分を探求するための人がたどり着く、ひとつの自覚です。この自覚を使い、自分を知り、自分の多様性を享受する道のりを歩むことができます。

本ワークショップでは、「いまーここ」に焦点をあてながらも、統合的な視点でトラウマや生きづらさを理解し、安全に配慮し「いまーここ」で起こっているこころの動きや悩みは、すべて「本当の自分」になるための入り口であるとしてワーク実践にとりくみます。

ゲシュタルト・セラピーに精神力動的療法や家族療法、アディクションアプローチの視点をくわえ、トラウマや生きづらさなどを安全にプロセスする統合的な実践です。

H_taisho
アダルト・チルドレンの自覚ある、なしに係わらず、自分の中にある力に気づき、自分らしい生き方を目指すことにご関心のあるかた、どなたでも!。
また、体験的ワークにご興味のあるカウンセラーさん、援助職さん、経営者さんの方の参加も歓迎いたします。

H_kitai

ふだんは見過ごしている、意図されていないシグナル、知覚、夢、身体感覚と認知の密接な関係を「いま、ここで」体験していただくことを促します。
自分が思っている自分だけが自分ではなく、いままで知らなかった、自分の中の他の側面に気づくことができる=それが自由を得るということ。
これまでの意識、知識、社会の要請に従うのではなく、感覚・知覚に焦点をあてる実践を通して、変化=癒やし、を自覚します。
内容:
※個人ワークをご希望の方は当日ワーク中に申し出ください、2~3名ほどお受けできると思います。多数の場合はじゃんけんで。ワーク全体への参加のみでも自身への気づきが得られると思います。
10時~
11時~
12時~
13時
14時~
15時~
16時30分
: シェアリング
: グループエクササイズ
: ランチ休憩
: ワーク1 例:「エンプティチェア体験 」
: ワーク2 例:「未完の問題ワーク 」
: ワーク3 例:「体の気づきとワーク」
: 終了

※内容は当日の進行状況により変更になる場合があります。

日時:2017年10月25日(水) 10時~16時30分(9時45分開場受付開始)

会場:鎌倉芸術館 和室  JR東海道線大船駅から徒歩7分 神奈川県鎌倉市大船6-1-2

参加費:
*早割 (13,500円) 9月24日までにお申し込み
一般 (18,900円) 9月25日以降にお申し込み
継続割:(13,500円)明石郁生ワーク参加3回めから対象
家族とACメンバー: (13,500円) THの承諾要

募集人数:14名(最低催行人数6名)※会場の都合で、定員になり次第しめきりとさせていただきます。

こちらからご参加ご予約をお願い致します!

ワークショップでお会い出来る機会を楽しみにしております。

注意事項:※クリニック等へ通院中の方、また、カウンセリングを受けられている方は、主治医、担当カウンセラーの承諾をお願い致します。

Posted in 体験的グループワーク・セラピー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です