Road to show case.セラピストのメタスキル

学生時代から書き溜めていた詩や乱雑な文章、フレーズを作品にしてみるこころみに手を付けました。まずは、ほったらかしていた曲をうたいこんで、録音してみます。来年春のミニミニショウケースにむけて。古いノート、万年筆、ギターを持ってスタジオに入るのが楽しみになっています。

feeling attitudeを意識的に用いることはひとつの挑戦である。<エイミー・ミンデル著 佐藤和子訳 メタスキルー心理療法の鍵を握るセラピストの姿勢ー,コスモライブラリー 2001>

わたしにとっては、たぶん仕事に飽きたときにわき起こるデザイヤー、アートな表現を欲する身体の夢です。

 

 

Posted in 「自分の専門家になる」ーACの悩みは才能に変わるー連載!.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です