援助職のための研修・マインドフルネスワーク

情熱ある援助職・医療従事者こそ自身のケアが必要です!

援助職は感情を使う仕事です。患者さんクライアントさんに感情を使いすぎて自身へむけることが後回しなることも無理もありません。自身のケアをおこたるとバーンアウトに!

情熱のある援助職こそが陥りやすい心理、自身の仕事を通して、他人を救いたい、役に立ちたい・・・。しかしながら、
・受容と共感が困難で難しいCL、患者をどう捉えるか?
・援助職は怒りをぶつけられやすい立場
・他の職種に言えないことをぶつけてくる
・援助感情の疲弊
・この患者は嫌い、やだなぁ。陰性感情への対処
・助けられない、何もしてあげられない、などの自責感。

・自身のケアをおこたると
→他者へ投影
・・・援助関係不成立、疲労、援助職の家族関係に支障、バーンアウトにつながります。

援助職現場では、共感や受容以上に自己一致が重要になることがおおいものです。
↓こちらの詳細ページからご依頼をお願いいたします。

援助職のための研修・マインドフルネスワーク

 

関連記事

  1. チーム・組織・関係性向上ワークショップ:経営者、会社研修

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 養成講座・研究コース

    統合的グループワーク体験会@鎌倉 12月15日(…
  2. AC

    ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュ…
  3. 養成講座・研究コース

    統合的グループワーク研究トレーニングコース:20…
  4. 研修

    援助職のための研修・マインドフルネスワーク
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ