オンライン小説『リバウンド』rebound-071    喪失。

森の中で夢を見ている。
遠くから間をおいて気の抜けた発砲音が聞こえる。戦闘がおわったのを知らない兵士たちなのだろう。そのたびに森の静寂がきわだつ。ぼくは倒れた幹に寄りかかっている。もうどうでもよくて、ばかばかしい。どこかで男が泣いている。友人の死を悼んでいるようだ。彼の嗚咽がマントラように耳の中に響く。これからも戦闘は続くのだろう。むこうで軍服を着た男がうなだれた兵士の頭に刀をあてている。ぼくは合掌し恐怖を抱きしめる。
父がぼくの名前をがさがさとした声で呼ぶ。
「どうせ死ぬんだよ」
ぼくは息を止めていたことに気づく。息をすう。
もうやめてみるよとはじめて言えた。

2021.3

関連記事

  1. オンライン小説『リバウンド』rebound-054    強烈…

  2. オンライン小説『リバウンド』rebound-043    家政…

  3. オンライン小説『リバウンド』rebound-021   エス市のおじい…

  4. オンライン小説『リバウンド』rebound-066    カワ…

  5. オンライン小説『リバウンド』rebound-070    キッ…

  6. オンライン小説『リバウンド』rebound-032   ユウジンのDV…

  7. オンライン小説『リバウンド』rebound-030   リタと会う。

  8. オンライン小説『リバウンド』rebound-024   ショウヤ