カウンセラー、自分探求者のためのマーケティング研究会

 

IMG_3011

開業カウンセラー、自分探求者には、マーケティングや財務などの“仕事”スキルも要求されます。

しかしながら、この側面は心理臨床プログラムで学ぶ機会は少ないものです。心理臨床スーパービジョンと同様に、マーケティングを学ぶことは、より自身の専門領域に力を注ぐ機会を開きます。
また、カウンセラーにかかわらず、「自分の専門家になる」ことに向き合い、自分探求する方に参加してほしいと思います。

▼カウンセラー、セラピストで開業を目指している方
▼開業しているが、マーケティング等に行き詰まっておられる方
▼統合的心理カウンセリング、グループワークにご興味の在る方
▼カウンセラーになるならないにかかわらず、ACの回復、自分の探求を通して、「自分の専門家」になる「自分はどのように社会と接地していきたいのだろうか」という課題を持つ方など
どなたでも!


体験参加を歓迎しております!

カウンセラーさん、将来カウンセラーになりたい、自己探求をして自分を知りたい方など、どなたでも!
1〜2回体験参加(@¥13,750)をされて、自身に有益とお思われた方は、研究会に本参加されることをご提案しています。共に研鑽を積む機会を楽しみにしています!

こちらでスケジュールをご覧頂いてメールをいただけると嬉しいです。
http://ikuoakashi.jp/marketing/selfmaketing

体験参加申し込みはこちらからお願い致します!

 


研究会の目的:

1,開業カウンセラーを生業とするために共に研鑽を積む機会を創り、カウンセラー同士の連携をはかり、専門家として、人々の多様性を尊重する地域社会づくりに貢献する。
2,自身の与えられた機会を知り、これまでの体験を力として自覚「自分の専門家」になる。
3,自己探求(ワーク)を続け“自覚”をすすめる。

実践すること:

*まずは、主宰の独立開業23年+心理カウンセラー開業9年の実践経験のシェアと研究生ひとりひとりのケースについて皆でオープンワークをすすめていこうと思います。
一方向的な講義スタイルではなくワークでの気づきや、変容の体験を大切にします。なぜならば、開業カウンセラーのスタイル、自己探求の答えはひとつのきまったものではないからです。

しないこと:

自己探求や心理臨床の研鑽、セラピストとしての人生の創造に関して、自分の課題とせず、他者や周囲に依存する研究生の世話焼きをすること、また、成果に関して保証することはいたしません。本研究会では、研究生本人のプロセスを尊重しエクササイズ、ワークをすすめます。研究会と他の研究生、本人に相互的な利益が見られない、または不利益があると主宰が判断した場合には、退会を申し伝えます。予めご了承ください。


研究会の特徴一例:

1,研究生の実際のケースをとりあげます。エクササイズ、ワークを通して「自らの気づき、自覚」を大切にし、実践的な力の獲得を目指します。
2,主宰は異業種の経歴などさまざまな体験を持つ、現役の開業カウンセラー、臨床心理士であるためリアルな実践、スキル、技術などのディスカッションを実践します。
3,カウンセリング、コーチング、コンサルティングと多様なスキルのディスカッション
4,(基礎編)目的に適応した資格取得のアドバイスを体験ベースに提示
5,(マーケティング編)集客、顧客化、治療構造化を実践技術を提示
6,(マーケティング編)自分の専門性に市場価値に見出し、実践の提示
7,(マーケティング編)お金、財務計画などの職業的人生設定提示
8,(臨床編)さまざまな状況のクライアント(個人、法人)に対応することが望まれます。統合的カウンセリングを学びます
9,(臨床編)クライアントのニーズに応じた、短期的に効果を提供するカウンセリングを検討、研究する
10,(臨床編)午前をデスカッション、午後はテーマに応じたワーク 例)お金への抵抗へのワーク。
その後、守秘義務に守られた懇親会を行います。日頃の愚痴などを洗い流して、定期的にカウンセラー自身の心の健康をまもる機会を創ります。


imgp6385

スクーリングテーマ例:

1,開業カウンセラーの理念、事業領域の特定:

開業カウンセラーという事業を通してどのように社会のニーズと関わりを持つのか、理念、事業領域の特定を検討することは、心理臨床と経 営の双方に適切な駆動意欲をもたらし、バーンアウトを防いだ。

▶どのように社会のニーズとかかわりを持つか?
▶セルフプロデュース:経験に市場価値を見いだす技術
▶どのような方を対象とするか、その方はどこにいるのか?
▶どのような商品(セラピー、役務)を提供するのか?
▶どのような治療構造を創り
▶競合は?

2,マーケティング:

安全に配慮した見込みCLの集客と見込みCLの教育を段階的に行うマーケ ティング施策は、対象としたCLの集客と治療構造化(顧客化)に有効に働いた。
▶ステップマーケティングと顧客化
▶提供する役務(商品:治療構造、講座、教室)の独自性創造、オンリーワンマーケティング
▶分身の術、replication 、ソフトタッチマーケティング

 3,財務:

▶年間の面接数、WS、講座数、料金の設定:事業計画
▶休日、長期休暇、家族との休暇、SV、学会、トレーニングへの参加
▶仮説、初期設定〜実践〜検証

4:リスクマネジメント:

心理臨床スーパーヴィジョンと同様に、弁護士の法務コンサル、税理 士の税務コンサル、財務コンサルを定期的に受けること、また、一般企業や公務員の退職金にあ たる運用型医療保険への投資はTHの心身と経営の安定に役立った。さらに、利用した状況はな かったが、臨床心理士賠償責任保険の加入は今後も必要であると振り返る。

5:セラピスト自身の人生の創造:

セラピストの人生とは、自分自身へのワーク実践そのもの であると体験した。それは、家族、人間関係、仕事、創造的活動、愛、豊かさなどの充実と自覚 的な享受にはたらいた。THの自身の探求は、事業の発展につながると体験した。

▶必要十分条件とgood enough
▶マーケティングとは、必要な対象に、必要な情報を、必要なツールを使い、必要なタイミングで伝える技術
EX):
・ボディモジュール:ワークアウト、食事、セルフケア
・マインドモジュール:心理臨床トレーニング、学会演題発表、研究論文執筆、研究会
・シャドーモジュール:プロセスノート、夢日記、個人セラピー/SV
・スピリットモジュール:朝、瞑想、散歩、クリパルヨガ、自己表現、執筆、サーフ、スキー
・人生豊かモジュール:財務、お金との関係性、夫婦、友人関係、育児、ボランティア

<引用文献>ケン・ウイルバー、テリー・バッテン、アダム・レナード、マーコ・モレリ著 鈴木規夫訳(2010)実践インテグラル・ライフー自己成長の設計図 株式会社 春秋社

——————

 心理臨床トレーニング編(オプション:1DAYワークショップ形式)

1,見立て:

神経症、境界例、精神病圏の見立て/BPTとNPT/統合失調症/うつ周辺/双極性障害/ノイローゼ周辺/複合型PTSD、家族トラウマ/アディクション

2,ケースマネジメント:

緊急査定/地域医療との連携/行政との連携

3,統合的心理療法:

個人カウンセリング/夫婦・家族カウンセリング/カウンセラー倫理/認知行動療法/家族療法/精神力動的療法/グループカウンセリング/力動的ゲシュタルト・セラピー、プロセスワーク/自助グループ/ジェンダー問題/心理テスト(アセスメント)


カウンセラー、自己探求のためのマーケティング研究会  参加申し込みはこちらからお願い致します!

 

研究会受講料:前期後期2年分一括 (360,000円)
研究会受講料:前期1年分  (180,000円)
学生割引:前期後期2年分一括(要学生証) (330,000円)
学生割引:前期1年分(要学生証) (165,000円)
含まれている費用:24回のスクーリング費用
*交通費、懇親会費、合宿の宿泊費・交通費、心理臨床トレーニング費用(ワークショップ等)は別途です。*カード決済かお振込をお選びいただけます。

 


 

研究生のページ:スケジュール、プログラム内容

 


最近の記事

  1. お知らせ!

    AC自助グループ @茅ヶ崎勤労市民会館 会議室
  2. 体験的グループワーク

    統合的グループワーク3DAYS with G研 …
  3. 養成講座・研究コース

    カウンセラーのためのPIAS研究講座:プレ講座そ…
  4. グループカウンセリング

    ACグループカウンセリング  半日版 東京麻布十…
人気の記事 注目の記事

アーカイブページ