ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュースレター

Free-Photos / Pixabay

アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー無料NEWSLetter

“アダルト・チルドレン”とは「大人になりきれない子ども」ではなく、レッテルや病気やただの狂気ではなく、そのコンセプトをつかって自分自身の力を探求する自覚であると伝える試みです。先人の尽力の上概念化されたACという概念は近年再考されていることに敬意を表します。

これまでだれよりも悩んだり、苦労してきたことには、他では学ぶことのできない専門性が刻まれていて、それは自分自身の生きる力に変容すると体験しました。

アダルト・チルドレンの自覚があるなしにかかわらず、一般的な社会や家族の気に入る要請や、評価や意見にがんじがらめに、しばられ、傷つき、それでも毎日、仕事や勉強や生活やアルバイトや自分を知ることに一生懸命な人々、いつも、どこか生きづらいと感じている仕事や生活が楽しめない、一歩、踏み出せない
自分が何に向いているかわからない、悲しみや怒りから抜け出せない、孤独を感じている、

批判されたり愛されていないように感じる、突っ走るように生きているけれど、本当は何をしたいのかわからない、でも、それを知りたいと感じている人、。

私の研究実践しているカウンセリング、ワークの本質は、悩み、生き辛さ、症状、病気などを、心身が変化しようとしている時に、発せられるシグナルと捉えて、その意味や、流れをクライアントさんとともにプロセスしていくというものです。

自然が変化するように、私たちも時間軸に変化を求められます。細胞は肉体の死という限界設定にむかっているのですから。自身の症状、無意識、病気、夢などは、私たちを変化の入り口につれていってくれます。ACの自覚とは、そういう意味で、力なのです。と探求しています。

ほんとうの自分自身を見つけたいと思っている自分探求者に読んでいただきたい手紙です。この手紙をあつめて出版にむけて準備をしております。ほぼ、週1回メールさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

 こちらから購読をお願い致します!

明石郁生 臨床心理士/セラピスト

 

FEATURED POSTS

  1. **オンライン連載小説『リバウンド』

    オンライン小説『リバウンド』rebound-065  …
  2. G研 統合的グループワーク研究会

    湘南 統合的グループワーク研究会:G研2020 2021.1…
  3. **オンライン連載小説『リバウンド』

    オンライン小説『リバウンド』rebound-064  …
  4. G研 統合的グループワーク研究会

    アダルト・チルドレン(AC)のカウンセリング、ワークの流れ。…
  5. **オンライン連載小説『リバウンド』

    オンライン小説『リバウンド』rebound-063  …
  6. 自己啓発カウンセリング

    「全力」で自分自身を守ってみること。自己啓発としてのカウンセ…
  7. 開業カウンセラー塾

    開業カウンセラー塾@鎌倉(しばらくZOOMで!)2021.1…
  8. ***ACという生きる力 連載エッセイ!

    Ⅵ章:ACという生きる力 ac-alive-072    …
  9. **オンライン連載小説『リバウンド』

    オンライン小説『リバウンド』rebound-062  …
  10. 家族とAC研究室からのお知らせ!

    カウンセラーの選び方、自分にあったカウンセリングの選び方の一…
  11. 家族とAC研究室からのお知らせ!

    オンラインカウンセリング 臨床心理士 年末年始のお知らせ 2…
  12. **オンライン連載小説『リバウンド』

    オンライン小説『リバウンド』rebound-061  …