アダルト・チルドレンの変化は、心身一元、アクセルとブレーキ

カウンセリング、ワークがすすむみ、これまで使っていた力の無力さを知り、共依存的な傾向から脱出しはじまると、

「ほんとうに、何をやってきたのかばかばかしくなりました。」

「でも、この先に(探求の)別の未来がある気がすごくするのですが、どうしたらよいかわかりません」

「着ている服が、からだに小さすぎて窮屈です。イライラします」

「いままで聞こえない音が聞こえます。」

「今日の空は、泣いているようで、晴れ間もあります。どちらもあるのですね」

「ものすごく寂しいです」

というようなナラティブが増えてきます。カウンセラーは、これらのナラティブの変化を敏感に聞いています。

エッジを越え、ほんとうの自分への旅がはじまりつつあるな〜。

この期間大事なのは、アクセルとブレーキ

感情への気づきがどんどん増えますが、ややもすれば、現実から目が離れることもあります。身体の不調として感じられることもあります。

アクセルは、感情の探求です。そして、ブレーキ、(エンジンブレーキ)は、身体感覚(feeling)です。このステージに居る時は、アクセルとブレーキのバランスに意識を向けてもらうようにします。

アレルギーになる、ヘルペスになる、だるーくなる、いっぱい眠ってしまう、(現状へ)やる気がない、などなど。は、良いサインかもしれません。

アダルト・チルドレンの変化は、心身一元です。

感謝をこめて!

関連記事

  1. 統合的グループワーク トレーニングコース 2017年 予告

  2. アダルト・チルドレンが生き残りをかけてきた、関係性のアディクション、自…

  3. 気づいていない膨大な印象」Body of impression を与え…

  4. カウンセラーとして、または、AC回復者、自分探求者としての道として「自…

  5. 開業カウンセラーのマーケティング実践 第10回日本家族と子どもセラピス…

  6. グループワーク・グループサイコセラピーは、修正感情体験を提供し、パーソ…

  7. 「自分の専門家になる」すべての感情や考え方に愛と敬意を払って取り扱う。…

  8. 「自分の専門家」出会えた苦難、体験、人々、海と山に感謝!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。