Road to show case.セラピストのメタスキル

学生時代から書き溜めていた詩や乱雑な文章、フレーズを作品にしてみるこころみに手を付けました。まずは、ほったらかしていた曲をうたいこんで、録音してみます。来年春のミニミニショウケースにむけて。古いノート、万年筆、ギターを持ってスタジオに入るのが楽しみになっています。

feeling attitudeを意識的に用いることはひとつの挑戦である。<エイミー・ミンデル著 佐藤和子訳 メタスキルー心理療法の鍵を握るセラピストの姿勢ー,コスモライブラリー 2001>

わたしにとっては、たぶん仕事に飽きたときにわき起こるデザイヤー、アートな表現を欲する身体の夢です。

 

 

関連記事

  1. 「自分のせいなのだ、自分が良い子ではないからだ、」 Bohemian …

  2. 精神力動的心理療法、統合的グループワークを探求して思うのは、セラピスト…

  3. アダルト・チルドレンを対象とした個人面接と精神力動的理論をとりいれたゲ…

  4. 会社研修、「個人」と「集団のため」という二つを統合することにチャンレジ…

  5. 開業カウンセラーになる道は、自分の専門家に成る道であると、仮説に手応え…

  6. “Surf is where you find it.”

  7. 一方、「自分の専門家になる」とは、矛盾を味わう道のりと体験しています。…

  8. どうしたら、わたしでありながら、世界の中にありながら、世界に属さないで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。