人が生きててそこにいる、ありがとう。

何かはワカラ ン足りんものがあったけん
生きてみたんも許される事じゃろう
自分の明日さえ目に写りもせんけれど
おせっかいな奴やと
笑わんといてくれ

理屈で愛など手にできるもんならば
この身をかけても すべてを捨てても
幸福になってやる

人が 泣くんヨネ 人が泣くんヨネ
選ぶも選ばれんも 風に任したんよ
人がおるんヨネ 人がそこにおるんヨネ

心が寒すぎて旅にも出れなんだ
アンタは行きんさい 遠くへ行きんさい
何もなかったんじゃけん

人が呼びよるネ人が呼びよるネ
行くんもとどまるも それぞれの道なんヨ
人が生きとるネ 人がそこで生きとるネ
人がおるんヨネ 人がそこにおるんヨネ

<吉田拓郎 唇をだきしめて>

関連記事

  1. 明石郁生 グループワーク 2DAYS in 越後湯沢 2017年1月…

  2. 統合的グループワーク研究コース:プレオープン講座・ワーク全6回 #5 …

  3. アダルト・チルドレングループワーク in 鎌倉 9月18日(日)

  4. 湘南 統合的グループワーク研究会:G研2020 9.1 更新

  5. 明石郁生 プロセスワーク@群馬 渋川 6/8(土)・9(日)

  6. 明石郁生グループワーク研究2016

  7. 体験的ネイチャー・グループワーク 越後湯沢 8月25日(金)〜ブナの…

  8. 明石郁生グループワークショップ@群馬 渋川市 6/2(土)・3(日)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。