精神力動的心理療法、統合的グループワークを探求して思うのは、セラピストの受ける恩恵がとてもおおきいことです。

精神力動的心理療法、統合的グループワークを探求して思うのは、セラピストの受ける恩恵がとてもおおきいことです。
人間存在の永久の葛藤、死、孤立、自由、無意味(空虚さ)。
他者から受け取ることのできるものに限界があり、自分自身の生活、生き方の基本的責任は自分自身にある。

人は他人に近づくことができるにもかかわらず、避けることができない本質的な孤立があることを学ぶ。
「私」の限界に、率直、勇気を持って直面することを学ぶ。(ヤーロム)

私はとてもありがたく思うのです。

関連記事

  1. Road to show case.セラピストのメタスキル

  2. “Surf is where you find it.”

  3. 「自分のせいなのだ、自分が良い子ではないからだ、」 Bohemian …

  4. 開業カウンセラーになる道は、自分の専門家に成る道であると、仮説に手応え…

  5. 私という存在は多くの人々や現象に支えられ,互いに生きる勇気を得るのだと…

  6. 会社研修、「個人」と「集団のため」という二つを統合することにチャンレジ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。