*統合的カウンセラーの日誌

精神力動的心理療法、統合的グループワークを探求して思うのは、セラピストの受ける恩恵がとてもおおきいことです。

精神力動的心理療法、統合的グループワークを探求して思うのは、セラピストの受ける恩恵がとてもおおきいことです。
人間存在の永久の葛藤、死、孤立、自由、無意味(空虚さ)。
他者から受け取ることのできるものに限界があり、自分自身の生活、生き方の基本的責任は自分自身にある。

人は他人に近づくことができるにもかかわらず、避けることができない本質的な孤立があることを学ぶ。
「私」の限界に、率直、勇気を持って直面することを学ぶ。(ヤーロム)

私はとてもありがたく思うのです。

関連記事

  1. A sense of self-satification is goo…

  2. アダルトチルドレン回復の道のり「自分の専門家になる」2023.10 更…

  3. セラピストのメタスキル feeling attitude 2024.1…

  4. 子ども時代は「依存」関係を設定せざるを得ないのです。ACカウンセリング…

  5. ACのカウンセリングとは、より成熟した大人の自己愛者に変容することを手…

  6. 3月11日を想い、カウンセリング、ワークを少し振り返ります。

  7. 開業カウンセラーになる道は、自分の専門家に成る道であると、仮説に手応え…

  8. どうしたら、わたしでありながら、世界の中にありながら、世界に属さないで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。