どうしたら、わたしでありながら、世界の中にありながら、世界に属さないでいられる?

4月になりました。花冷えは少しさみしくて狂しい気分になります。(T_T)

さて、毎週すこしづつまとめています。アダルト・チルドレンという概念を、心理学や精神医学の観点ではなく、自己啓発ではなく、自覚や旅のガイドのようにまとめたいとチャレンジしています。
自分を責めることや、閉じこもるためのものではなく、自分がどんな人間であるかを発見し,自分の“内”にある力を見つける旅にお連れしたいのです。

ーーー

誰かの言う、幸せ、にならなければいけないという思いを捨てるんだ

あなたは闘ってきた。もう銃をおろしてもいい。

でも、
道化師の憂鬱、兵士の憂鬱、アスリートの憂鬱、猛烈ビジネスマンの憂鬱

手持ち無沙汰。何をしていいのわからない。もうお酒もおいしくない。

私とは誰? なにができる?  共依存からの脱出のはてに何がある?

わたしはわたし、あなたはあなた。

猛烈なさみしさ。孤独。溶岩のようにはじけ、ふっとうする怒り。

わたしのことをしているわたしとは?
あなたのことをしているあなたにどうすれば有益になるのだろうか?

私は誰?

自分を知る道以外に生きる術はないのだろう。

どうしたら、わたしでありながら、世界の中にありながら、世界に属さないでいられる?

感謝をこめて。

関連記事

  1. 開業カウンセラーになる道は、自分の専門家に成る道であると、仮説に手応え…

  2. “Surf is where you find it.”

  3. 「自分のせいなのだ、自分が良い子ではないからだ、」 Bohemian …

  4. A sense of self-satification is goo…

  5. 3月11日を想い、カウンセリング、ワークを少し振り返ります。

  6. 精神力動的心理療法、統合的グループワークを探求して思うのは、セラピスト…

  7. アダルト・チルドレンを対象とした個人面接と精神力動的理論をとりいれたゲ…

  8. 一方、「自分の専門家になる」とは、矛盾を味わう道のりと体験しています。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。