「感情」をないがしろにして何かをしようとするとき「不安感」が浮上するものです。

さて、暑さで疲れや、だるさを感じることは自然なことですね。
例えば、へとへとに疲れていると同時にあせっているとすると、
→ 「感情」(寂しさや悲しさや、怒りなどを)を感じることを忘れて、。「気づき」ではなく、「意志の力」に頼りすぎている状態かもしれません。過剰な努力をしていると言う状況ですね。

そして、私たちは、「感情」をないがしろにして、何かをしようとするとき、「不安感」が浮上するものです。

その、不安を「意志の力」でなんとかしようとする試みとは、

なんでもないと否認する、

なかったことにする、自分を大きく見せる、自分に何ができるかを証明するように行動するなど

交感神経を上げっぱなしにして行動をする傾向になります。

身体症状、不眠や抑うつ、強い怒りなどは、そのような状態かもしれないと気づくメッセージと言えます。

読んでいただいてありがとうございます、感謝します。本情報がお役に立つ方をご存知な方は、転送、ご案内、シェアをしていただけますと幸いに思います。どうぞよろしくおねがいいたします。

今、起こっていることには意味がある、困難は個性化のプロセスでしかない、 逆境は「自分の専門家」になるプロセス。 現代社会がどんなに矛盾にみちているとしても、人は必ず、 自分らしく生きる意味を見つけることができると私は信じています。

この記事をシェア・コメントする

 

☆経営者、組織のリーダーのかたへ

スカイプ経営者カウンセリング 6回セット

☆ワークのご案内!

9/29夢・ドリームボディワーク体験 2019年9月29日(日)@鎌倉

10/14ACグループワーク @ 鎌倉10月14日(月)祝日

はじめての オープンミーティング 〜臨床心理士による、やさしい「家族のこころ」@茅ヶ崎9月11日

開業カウンセラー、「自分の専門家」マーケティング研究会 体験参加募集!⇒

G研2019(統合的グループワーク研究)体験参加募集! ⇒

☆個人カウンセリングご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。

☆ バックナンバーはこちら

ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュースレター 読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

関連記事

  1. アディクション・依存症とは、本人の心身・思考の働きを制限、停止すること…

  2. AC〜「意思の力」の過信

  3. AC〜アディクションとは、自己治癒の側面もあるわけです。そうせずにはい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

トピックス!

  1. オープンカウンセリング

  2. ACカウンセリング

  3. 家族カウンセリング・夫婦カウンセリング

  4. 自己成長・セルフマーケティングカウンセリング

  5. お知らせ!

最近の記事

  1. 家族カウンセリング・夫婦カウンセリング

    家族療法では、お子さんの症状行動、引きこもり、不…
  2. AC-複雑性PTSD

    ACグループワーク1DAY @ 鎌倉 2019年…
  3. 統合的グループワーク

    夢・ドリーム・ボディワーク 2019年9月29日…
  4. オープンカウンセリング

    はじめての オープンミーティング 臨床心理士に…
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ