生きづらさとは、=自然な形での自己治癒の経過の現れではないかという仮説を持っています。

低気圧通過後の波あり湘南です。(^^ゞ

自身の生きづらさを、
自分を知ろうとする姿勢には、勇気がいるものです。知らないで、見ないふりをして、おちゃらけて、過ごせればそれに越したことはないかもしれません。

でも、知らずにはいられなくなることもあります。

どうしてこんなに生きづらい?

いつも必死に走っているようで、気がつくとヘトヘト。

人間関係でいつも、つまずいてしまう。

溶岩のような怒りが流れている!

私は、それらは、なくしたり、治療したり、排除したり、するものではないのではないかという視点からカウンセリングを研究しています。

生きづらさとは、=自然な形での自己治癒の経過の現れ。ではないかという仮説を持っています。

私自身、さまざまな人生の辛酸のふちを歩いてきたように思いますが、そしていま、カウンセラーと名乗っていますが、

私にとっては、カウンセラーとは、生きづらさを変容させた、新しい私の自己の在り方で、

それは、アーティストであり、自分の専門家になる道、そのものと感じています。

感謝をこめて!

関連記事

  1. 統合的グループワーク研究コース:プレオープン講座・ワーク全6回 #4 …

  2. A sense of self-satification is goo…

  3. アダルト・チルドレンを対象とした個人面接と精神力動的理論をとりいれたゲ…

  4. カウンセラーのためのPIAS研究講座:プレ講座その1 7月7日土曜日1…

  5. 日本家族と子どもセラピスト学会 第10号 論文:「アダルトチルドレンを…

  6. 「自分の専門家になる」すべての感情や考え方に愛と敬意を払って取り扱う。…

  7. 統合的カウンセリングを学ぶ PIAS実践講座:プレ講座 9月15日(土…

  8. 統合的なカウンセリングを学ぶ PIAS実践講座:プレ講座 10月28日…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

トピックス!

  1. お知らせ!

  2. 統合的グループワーク

  3. 統合的グループワーク

  4. ゲシュタルト・セラピー

  5. お知らせ!

最近の記事

  1. ACカウンセリング

    アダルト・チルドレン(AC)の罪悪感、恥とは?
  2. お知らせ!

    はじめての オープンミーティング 〜臨床心理士に…
  3. 統合的グループワーク

    明石郁生 プロセスワーク@群馬 渋川 6/8(土…
  4. AC-複雑性PTSD

    なので、私はトラウマをトラウマと呼ばず、例えば、…
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ