ポリヴェーガル理論,元家族で育むことをスキップした迷走神経系のコネクトが活性化していると目撃することができると嬉しくなる。2021.2 更新

臨床家としてトラウマのセラピーにたずさわって10年以上になるわけだが、。臨床家は、とにかく、いまのクライアントさんの状態をなんとかしなくてはという側面もある。開業者として主訴という最初のオーダーにとりくまないことには開業が成り立たないからだ。

しかしながら、すぐ楽になるとか治すとかそういうことは難しい。このことをセラピストがしっかりと受け入れる必要がある。クライアントさんのせいにしてはいけない。
だいたいいつも、カウンセリングやワークを終えると、無力感に襲われる。クライアントさんの悩みや苦しみに何もできないのだと、一般の人以上に感じる。

それでも、臨床家はトラウマにチャレンジする。
時間を味方につけて、安全を確保して、精神力動にチャレンジし、認知の修正、感情の修正、身体感覚へのプロセス、時には、逆説的な類催眠暗示なども応用して、 なんとか、クライアントさんが自分を傷つける行動を減らし、レジリアンスに目を向けることができるように。

幸運にも、ときどき、クライアントさんに感謝を述べられ、安堵することがある。そういう時は、ひとりで、海を眺めたり、赤ワインを飲んだりしてお祝いをしつつ、そこそこに、。

どうして回復したのか?
どういう経緯だったのか?
心身に何が起こって、何が減ったのか?
を理論的に整理する仕事にかかる。それをしないわけにはいかない。先人の仕事をひもといて、考察してみる。研究発表にそなえてメモや原稿を書く。

米国のトラウマ治療の専門家、医師・研究者のベッセル・ヴァン・デア・コーク、神経生物学博士ステファン・W・ポージェスらの仕事にとても勇気を得る。

カウンセリング後やグループワークで、うとうとされるクライアントさんを見て、ポリヴェーガル理論における、副交感神経が社会関与し、元家族で育むことをスキップした迷走神経系のコネクトが活性化していると理解し目撃することができると、セラピストとして嬉しくなるし、彼ら彼女らのレジリアンス、回復力に敬意がわく。臨床家は、理論に助けられる。理論はセラピーを後押しする。クライアントさんにとってより有効なセラピーとなるように。

クライアントさんに、私をセラピストとして選んでくれて、ありがとうございます。と言える、ことがとても嬉しい。

読んでいただいてありがとうございます、感謝します。

本情報がお役に立つ方をご存知な方は、転送、ご案内、シェアをしていただけますと幸いに思います。どうぞよろしくおねがいいたします。

今、起こっていることには意味がある、困難は個性化のプロセスでしかない、 逆境は「自分の専門家」になるプロセス。 現代社会がどんなに矛盾にみちているとしても、人は必ず、 自分らしく生きる意味を見つけることができると私は信じています。

 お問い合わせフォーム

ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料ニュースレター 読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
 

関連記事

  1. AC〜複雑性PTSDとは家族、養育環境において「目に見えない影響が長期…

  2. なので、私はトラウマをトラウマと呼ばず、例えば、本人の命の流れ、生きる…

  3. 身体に記憶されているトラウマ反応について、ACカウンセリング

  4. 複雑性PTSD、ボーダーラインパーソナリティのセラピー、治療構造 2…

  5. ACの精神医学的な診断基準、PTSDと複雑性PTSD

  6. ACグループワーク1DAY @ 鎌倉 2019年8月12日(月)祝日

  7. ACグループワーク1DAY @ 鎌倉 2019年10月14日(月)祝日…

  8. ACカウンセリング〜感情の力とはほんとうの自分になるための重要な力なの…