ACの力とは?:身体症状の力 ac-alive-024

身体症状の力とはわかりやすいかも知れない。古今東西、「病気を経験して人生が変わった」と言うエピソードを聞くことは少なくないだろう。
病気の回復を契機に住む場所を変えたり、職業を変えたり、新しく事業を始めるという話もよく聞く話である。

AC:いったい何が起こるのでしょう?
Co:う~ん、いろんな解釈があると思うけど、病気とその回復の経過を通して、これまで知らなかった自分自身に出会ったからだと言える。
病気や身体症状とは一般的にやっかいなもので、できれば会いたくない存在である。
例えば、頭痛や胃の痛みが出たりしても、
「これから会議がある!」と意志の力を使って否認するだろうし(笑)、痛みが我慢できなくなって医者に行っても、
「仕事があるから早く痛みをとってくれ!」と自分自身をロボットのようにあつかうかも知れない。挙句の果てに、入院治療が必要になっても
「俺がいかなきゃ会社が潰れるんだ、早く治して退院させてくれ!」と意志の力を全開にするかも知れない。意志の力は自分と自分の人生をコントロールできているという安心感をもたらすからだね。
でも、時間の経過とともにのっぴきならない症状と格闘したり、周囲の助けを借りる自分に気がついたりしながら、意志の力の及ばない領域、「死」の予感を感じたとすれば、
いま生きている現象「命の流れ」に謙虚な気持ちが湧かずにはいられなくなるだろう。
退院後、意外な言葉を発することに気がつくかもしれない。
「食べ物に気を使うようになった」
「身体に気を使うようになった」
「草花に目がいくようになった」と
これまで気がつかなかった新たな自己、新しい自分との関係性が変化したと言えるのだ。

身体症状に意識を向けない、その成れの果ては容易に想像がつくだろう。仕事上でのおおきな事故、信頼関係の破綻、あるいは、肉体を終焉させる重大な病気の発現だ。
自然が変化するように細胞は肉体の死という変化にむかっている。
それに伴い、自分との関係性も変化を求められる。身体症状は、私たちを変化の入り口につれていってくれるのだ。
身体症状とはそういう意味であなたの力なのです。

2020.8.9

関連記事

  1. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-045 コンセプト…

  2. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-029

  3. 感情と身体を無視する ac-alive-011

  4. 目次 ac-alive-002

  5. 『ACという生きる力』ー自分の専門家になるーあなたの悩みは専門性に変わ…

  6. あなたは、既に何度も体験しているのかも知れない ac-alive-0…

  7. 両親の不機嫌は自分のせい ac-alive-009

  8. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-044