ACの力とは?:慈愛の力 ac-alive-028

家族という関係性の中で傷ついてしまったのは、あなたの失敗ではない。
不安定な家族の中で自分がなんとかしなくてはと身を挺してきた。
家族内に漂う不穏な状況を察して。
感じることを閉ざして、怒りを押し殺して。
自分の安心は良い子になり、勉強し、働いた先、将来にあるものだと信じて。

あなたは大人になって人間関係の支障や身体の不調で気がついた。もう、へとへとにつかれていることを。でも、どうしてそうなってしまったのかわからない?
友人たちはそうでもなさそうだ。同僚たちはそうでもなさそうだ。どうしてわたしは家に帰ると倒れ込むのだ?
ついぞわからずに混乱する。

もしかしたら、このような混乱はあなたの上の世代から続いていたのかも知れない。
祖父母の代、親らも問題を抱えていた。
それらを癒やさずにあなたにバトンを渡してしまったのかも知れない。
自分の幸せとは今、ここにはなく苦労した先にあるのだと。また、幸せになるには誰か他者のようにならなくてはいけないのだと。
祖父母や親、養育者をうらみたくなるだろう。「私の人生をどうしてくれるのだ!」と。残念ながら彼ら彼女らは自分らを癒やす方法を知らなかったのだろう。

この本を見つけたあなたは気づいている。「自分を知る」という癒やしの進路を。
あなたは受け取ったバトンをACというコンセプトを使って、それを自分の生きる力に変化させることができる人なのだ。
あなたはそれを次の世代にわたすことができる。

傷ついた自分の部分を探求することは簡単なことではないが、あなたは、
「私とはどんな人なのだ?」と命の流れを洞察する力を持っている。

自分自身を知れば知るほどあなたは自分自身につながり、その経過はあなたが他者に共感的につながる力を育む。
困難の体験をしてきた分、他者や世界に慈愛的なつながりを持つことのできるあなたは、純粋で無垢な喜びや悲しみ、怒りや愛情を得ることができるだろう。

OK!人生はタフかもしれないが、自分の愛するものとつながって生きていこう!と。
あなたのその姿勢は、今なお、家族由来の傷が痛み、その対処に翻弄されている人々に慈愛とレジリエンスを与えるユニークな存在となると言える
ACという自覚をつづけ自分を探求する道のりは、自分自身の慈愛的な側面に気がつくことを可能にする。

2020.8.15

関連記事

  1. 私がいなければこの人はだめになる ac-alive-013

  2. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-029

  3. Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-068 …

  4. 見捨てられ不安 ac-alive-012

  5. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-050   エッ…

  6. 特徴的なパーソナリティ構造 ac-alive-017

  7. あなたは、既に何度も体験しているのかも知れない ac-alive-0…

  8. ac-alive-043 付録:自分にとって良いカウンセラーとの出会い…