***ACという生きる力 連載エッセイ!

Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-069 健全な自己愛を育むワーク。

Co:さてさて、エクササイズも最後になる。
AC:はい。あー、もう最後ですか~、だいぶ乗ってきたのに。
Co:うん。他者とつながろうと突進して、その果に自分を失う。
AC:自分がわからないから、それを受け入れるのが怖いから、他人の世話焼きにスリカエなくてはいけなかった。
Co:うん。
AC:スリカエに夢中になることで共依存関係に?
Co:うん(笑)、。もう気がついていると思うが、今回のワークショップは全体を通して、共依存、依存症、心身症などを表現型と捉えて、ポジティヴコノテーション(再構築)して、ACI(アダルト・チルドレンインテリジェンス ACの知恵)としてワークしている。これまで生きてきた体験を肯定し、自分の内面に健全な自己愛を育てる道のりとして。そのプロセスは自分の体験に専門性を見出していく機会を通して、他者や世界との関係が再構築され、新しい自分を創造していく道のりとなると言える。
自身の人生物語りを、「家族の犠牲者から」、ACの知恵を使いこなし、他者や社会の要請にしばられない「能動的な探求者・旅人」へと変容していく道のりとして。

最後のエクササイズは、今のあなたから、過去のあなたに率直な手紙を書いみるワークです。
・喘息で入退院を繰り返した末に国立療養所に長期入院して養護学校へ通っている君に
・自分が誰かわからなくて渋谷の路地で飲んだくれていた君に。
・医療の仕組みに憎しみと怒りを持ち、ひとりで部屋で包帯を巻いていた君に。
・死別境遇と大病を克服したいい人にならなくてはいけない信念を持ち続けた君に。
・倒れるまで患者さんの世話焼きをしないと誰にも愛されないと思っていた君に。
・詰め込んで詰め込んで他者のために働いて倒れないと眠れない君へ。
・コインロッカーで生まれたとうそぶいて、恐ろしい不安を見ないようにいてきた君へ
・自分が誰でどうして生きているのかがわからなかったあなたへ。

Co:あなたの事例に合わせてみて。
AC:はい。・・・たくさん書けそうです。
Co:さらに探求したい時は、小さい頃のあなたに、父になったつもりで、あるいは母になったつもりで、手紙を書いてみるとよいワークになると思います。
AC:・・・想像しただけでもう胸が熱くなります。
Co:書いてみてどんな自分に気がつくでしょうか? 書き終わってみてどんな気分になるでしょうか? 聞かせてくださいね。

2023.

 

関連記事

  1. ACの生きる力、傷ついた自己愛 ac-alive-014

  2. 見捨てられ不安 ac-alive-012

  3. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-057 自分の内の…

  4. 頭ではわかっているけどやめられない ac-alive-010

  5. あなたは既に何度も体験しているのかも知れない ac-alive-00…

  6. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-041 感情は…

  7. Ⅵ章:ACという生きる力 ac-alive-073  スティーヴ・ジョ…

  8. Ⅵ章:ACという生きる力 ac-alive-071 傷ついた自己愛を育…