***ACという生きる力 連載エッセイ!

Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-068 ACの体験に市場価値を見出す。

Co:さて、今回の自分の専門家になる冒険もおわりに近づいている。ここでは、市場価値、お金について話していく。
AC:えー、市場価値とお金!アダルト・チルドレンの回復?に関係あるんですか?
Co:おまけに、マーケティングという言葉にも触れていくよ。
AC:うあー、マーケティングって何?ACに関係あるの?
Co:まあまあ、のんびり聞いてくださいね。「自分の専門家になる」というコンセプトのところで話したね、

「これまで誰よりも悩んだこと、苦労したことなど、過去であれ現在であれ、問題を経験した人々は、同じような状況に立たされた人々を援助できるような特別な体験、スキルを持っている。」(Morgan,2000小森他訳2003)

AC:はい。喘息の男の子の話でしたね。https://ikuoakashi.jp/ac-alive-045/
Co:彼があのまま喘息の子どもたちの相談を続けていったらどういう人になるのだと思う?
AC:・・・素晴らしい、えー、カウンセラーになると思います。なんというか、子どもたちが医療者や家族などにも話せない気持ちを打ち明けられる、誰でもない彼にしかできない喘息専門カウンセラーに・・・。あっ、なんだか涙がでてきました。
Co:そうだね!彼に話を聞いて欲しい人、彼の体験を聞きたい人、とにかく彼に会いたい人がいるとしたらどんな人なんだろう?
AC:・・・たくさんおられる喘息患者さん、そのご家族ですね。ほんとうにたくさんおられると思います。
Co:うん、その方々にとって彼はどのような存在になるのだろう?
AC:子どもたちの、ご家族の、なんというか、支えのような。あー、心のケア?。うあー、とても貴重な存在ですね。
Co:患者さんやご家族に希望を与えることができる存在になるのだろうと思う。
AC:とても素敵なことですね。
Co:医療者では与えられない部分だと思う。そして、医療をより効果的にすることにつながるだろう。このようなコラボができるとしたら、現代の医療においてとても重要な取り組みになるのだと思う。
AC:あっ!おー、そうしたら、彼は報酬をもらえるかもしれない?
Co:その通りだ! 彼の喘息の体験とは、過去の自分のような喘息患者さんやご家族という市場(対象)にとって、報酬をもらう価値、市場価値があると言えるだろう?
AC:うあー、素晴らしいことですね!このような視点は初めて知りました。

30代後半に自身の理不尽な大病に向き合ってから約18年間、自分の体験を生かして、アメリカの高度な医学的治療のリエゾン活動をした。当時は臨床心理学、リエゾンなどまったくわからないで、とにかく、ただただ毎日を生き延びるのに文字通り必死だった。最初は、ボランティアベースだったが途中からはワークを続けて、しっかりと自分の仕事としてとりくんだ。
振り返ると、サラリーマン時代は自分の存在がわからず、仕事に対して、うつうつと欲求不満を感じていたが、自分の体験にとりくんで、それを仕事にして、生まれてはじめて、自分の体験が必要とされている、自分の存在が必要とされている、自分の価値のようなものに気がつくことができた。何より、過去の自分自身のような患者さんご家族に役に立っていることがとても嬉しくて、なんというか、命が生きている感じがした。

AC:素敵なお話ですね。
Co:ありがとう。さて、それでは、ミニワーク。ゆっくり自分と対話してノートにメモをとってみてください。

1,これまで誰よりも悩んだこと苦労したことをあげるとしたら、どんなこと?

2,過去のあなたと同じような状況に立たされている人々がいるとすれば、どんな人たちですか?

3,彼ら彼女らが、希望する出会いやかかわりがあるとすればどんなものですか?
ノートに書いてみてください。どんな自分に気がつくでしょうか?

 

2023.4

関連記事

  1. Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-064 …

  2. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-059 愛や関心を…

  3. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-053   全力…

  4. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-047 コンセプト…

  5. 自己啓発セミナーになんどもはまってしまう ac-alive-018

  6. ACの生きる力 出会いは衝撃的に ac-alive-005

  7. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション 生き延びるための力~ポリヴェーガル…

  8. Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-062 …