Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション 変化、回復の多様性 ac-alive-031

Co:現代社会では、社会の要請に応えるために都合のわるい部分を排除する傾向にある。対人関係や感情のトラブル、身体症状までも排除するべきやっかいものとしてあつかってきた。
いったいなんのためだろう?
AC:うーん、仕事をするため?
Co:うん、経済活動を優先してきたと言えるね。合理的で効率的な成果の達成のために。これまでメリットはたくさんあった。スマホやSNS、電子決済などに象徴されるIT技術や利便性は私たちの生活をがらっと変えたね。
でも、最近、それらを優先させてきたためのデメリットについて考えさせられる事象が少なくない。例えば、海洋のビニールゴミ問題や気候の温暖化はもはやまったなしの状態だ。環境活動家の映像やレポートを見ると愕然とする。
同じように、多様性を尊重する姿勢がおおきく問われていると言えるだろう。
自然界の一部である私たちはそれぞれに違った生きる意義があるだろう?
AC:そうですね。
Co:SNSで注目されていないといけない。悩みや困難を味わう時間とは、成果達成に合理的ではないし効率的でもないから必要ないものだと。
AC:うーん。なんだか緊張してきますね。
Co:うん。人間も自然の一部だろ。春夏秋冬があるように人の心の発達は季節を巡るかもしれない。じっと大地を眠らせる時期あれば台風がやってくる夏もある。それがどんな順序で起こるのかはわからないが、人それぞれのはずなんだ。
AC:うーん、なるほど。
Co:皆と同じでなくていいいんだ。私たちは他人になろうとする時に苦しむんだ。
ACを肯定するセッションとは、例えば、復職する、学校に行けるようになる、人間関係を良くする、感情をコントロールするなどの狭い意味での変化や回復の枠組みにとらわれないとりくみを目指すこともある。
AC:えー、治さない、ということ?
Co:うん。社会や親の期待に応えようとして、他人になろうとして苦しんでいるわけだ。だから、その苦しみや症状とは、本当の自分になろうとしている流れと見ることができる。
誤解を恐れずに言うよ、表面の症状を治すことだけに取り組むということは、社会や親と同じことをすることになる。
AC:親の期待に応えよ、他人のようになれと?
Co:そう。
AC:がーん。カウンセラーがさらに傷つける?
Co:そういうこともあるだろう。
もちろん、表面上に表れている、症状や生活に支障のあるアディクション行動などは、さっさとセラピーの対象にしちゃうけど。
AC:えーと、どういう意味?
Co:そう、無力化させると言った方がいいかな。例えば、キケンな行動や共依存、依存行動などのメッセージの本質に焦点をあてて意識に浮上させる。そうすると、それらはほどほどにしか必要のない行動になる。
AC:えー、治すの? 矛盾している。
Co:そう、逆説的だ。
カウンセリングに来て、親や社会の要請に適応するための良い子にならなくていいいんだ。表面上の症状や人間関係のトラブルは、いまたいへんだと思うけど、それはさっさと済ませて、。本当のあなたの力を見つけようと。
「ところであなたはどんな人なの?」と。

引きこもりを持つお母さんに本人への接し方について相談された際に、
もう、引きこもりが終わったように会話してくださいと支持することがある。
AC:どういう意味ですか?
Co:「どうして学校いかないの!」じゃなくて
「自分を守れてるんだね」と。

本人は、学校に行きたくないと言ってるんだ。彼にとっては学校はつまらないし危険だから。もしかしたら多様性という視点から見たら、その時のクラスの集団心理的状態からみたら、その子の判断はまちがっているとはいえないだろう? 毎朝、
「みんな元気にがんばりましょう!」って言われたって、心におおきく気になることがあって元気を出せないときだってあるでしょうに。そう言えないのは彼にとってはつらいことかも知れない。
がんばって学校に行きましょうと。「彼に問題がある」とする、問題を取り除くアプローチは、大人の都合である一時的な成果達成については役に立つかも知れないが、
彼自身の「生命の流れ」という視点からはどうだろう?
彼は、必死に身の安全を守ろうとしているかも知れないだろう。

AC:なるほど。彼の行動を尊重するんですね?
Co:変化や回復とは親や社会の要請に適応することだけではないだろう。
近年ではそういった視点を私たち大人たちがどのように捉えることができるかを、自然や子供たちに問われていると言える。

2020.8.19

関連記事

  1. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-041 感情は…

  2. Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-064 …

  3. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-046 コンセプト…

  4. ACの力とは?:身体症状の力 ac-alive-024

  5. サブクリニカル(医療の補完的)な領域 ac-alive-015

  6. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-051   エッ…

  7. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション 関係性、自己の育て直し ac-al…

  8. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション 家族トラウマ反応に自覚を向ける a…