Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-065 大嫌いな人のイメージからエクササイズ。

Co:今度は大嫌いな人のイメージからワークしてみるよ。
AC:えー、大嫌いな人なんか思い出したくもないですが。
Co:うん、そうだね。これは、投影という防衛メカニズムを、逆手にとるワークなんだ。私たちは自分の内面に内在化できない感情などを他者に写して見てしまう傾向があるん。
AC:うーん、投影はわかりますよ。でも嫌いな人はたくさんいますけど・・・。
Co:例えば、私たちはACの自覚にあるなしにかかわらず、戦争を生き延びてきた。その渦中では、ある種の生き延びる力を行使してきた。そうしなければ生き延びることができなかったわけだ。
ある時期が来て戦争がおわった。あるいは、戦争の意味がなくなったとしよう。突然、戦わなくてもいい状況、環境になったと。どんな気分になるかな?
AC:えーと、急にやることがなくなる。手持ち無沙汰になるかなー。
Co:そうだね、ずっと生き延びるために行使してきた力を持て余すかもしれない。
AC:あー、。戦争が終わると楽になるかと思ったけど、。終わってしまったら、どうしていいのかわからなくなるかも。
Co:うん、平和な暮らしをしたことがないからね。(笑)そうすると、自分はこれでいいのかと責めたり、他者の評価が気になってしょうがなくなるかもしれない。平和な環境での生き方、力の使い方がわからないから、また、以前の力を使ってしまうかもしれない。戦争中の力を、平和な世界に。
AC:うあー、それはもしかして、アルコール依存の方が、お酒を止めてしばらくしてから陥る、スリップということ?
Co:そうだ。このケースでは、お酒ではなくて、旧来の自分との関係にもどってしまうということだね。その力はもう必要がないと頭ではわかっていても、手放すことは難しいいし。新しい暮らし方をどういう風に手に入れたらいいかわからない。だって、戦う力で、ぎりぎり生きてきたのだから。
AC:うーん、なんだかなー。
Co:さあ、ここからワークをしてみるよ。ずっと使ってきた戦う力を使わなくていいが、例えば、楽な自分、力を抜いている自分を受け入れることが難しい。
眼の前にあるのに、受け取らないで、無意識の領域に投げ込んでしまうことを、防衛機構のひとつ「否認」というんだ。いいかえると、「いま、ここ」にある、自分の人生を受け取らないことに何かメリットがあるのではないか?と探求していく。

AC:受け取らないことにメリットがある?
Co:これから楽に自分を生きていい!と言われたらどんな気分になる?
AC:・・・うーん。あっ、なんだか、損した気分になりますね。これまでの苦労をなかったことにされてしまうような。うーん、怒りも湧いてきます。
Co:それは自然な流れだね。いままでの苦闘が矮小化されてしまう感覚になるかもしれない。それは、耐えられないし受け取れない、必死に生き延びてきたのだから。
例えば、こんな事例があったよ。
「私の苦しみが親に知られないままだと、悔しい」
「いまさら、人生を楽しめるなんて思いたくない」
「自分の人生を楽しむと、大嫌いな普通の人々になってしまう」

この事例では、大嫌いな普通の人々とはどんなひとなのか、夢をつかって探求した。
あなたにとって大嫌いな人とは?
・自分に向き合わないで、快楽に享じて、お金を使い、無責任に家族をつくり、文句を言い、自身の内省はしない。
・時間通りに働いて、文句を言って、ボーナスをもらって、土日休んでいる
・困ったときだけ、助けを求めて、助けられるのが当然のような顔をして、
・仕事がうまくいかなくなると、人や社会のせいにして、
・楽に生きている人、楽な運命を生きている人
などなどでした。

Co:どんなことに気がつく?
AC:・・・あまり言いたくないけど。もしかして、大嫌いな人のイメージとは、その人の羨ましい人?そうしたかった、そうなりたかった人?
Co:うん、。そうかもしれないね。そのことを自身で受け入れるのはとても苦しいことかもしれない。でも、そこには、これからのその人の、新しいパーソナリティ、あるいは人生、生き方にとても重要な示唆があると仮説して、探求することができるんだ。

エクササイズ:

1,イライラする人、大嫌いな人を、イメージして見てください。その人のどんな部分な嫌いなのですか?メモしてみてください。

2,その人を、キャラクター、動物、女優さん、俳優さん、タレントさん、あるいは、不思議な物体、いつか見た夢にでてきた悪魔などなど、何かの形にするとしたらどんなものを想像しますか?メモしてみてください。

3,その想像したもの、キャラクターなどに「なって」みてください。
その気分をじっくり味わってみてください。最初は、あまり気持ち良い体験ではないかもしれませんが、。心身に何か気づきが浮上してくると思います。
そのまま、メモしてみてください。

4,自分に戻ってみてください。そして、どんな気づきがあったのか、味わってください。

Co:自身の大嫌いな人のイメージからワークすることは、排除したり、断片化していた自分のかけらを見つけ、全体性に近づける機会を創るだろう。
AC:・・・すごくよくわかりました。というか体験しました。でも、ハードなワークですね。まだドキドキしていて胸が苦しいです。
Co:そうだな。投影を引っ剥がして、自分のものとして受け入れるのはとてもハードな体験になることがある。そんなときに信頼できるカウンセラーやグループの仲間と共に共同で作業をするといいんだ。

2020.10.31

 

関連記事

  1. Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-066 …

  2. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-038 恥…

  3. 目次 ac-alive-002

  4. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-046 コンセプト…

  5. ACの力とは?:自分が誰なのか?知ろうとする力 ac-alive-02…

  6. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-055   限界…

  7. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション 関係性、自己の育て直し ac-al…

  8. Ⅴ章:自分の専門家になるためのエクササイズ ac-alive-067 …