Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-041 感情は心と体を結びつける。

感情(Feeling)は単なる考えや信念とは違い、体が関与しているために知的活動以上のものでり、身体活動とその知覚という2つの要素から成り立っている。それゆえ、感情は心と体を一つにし、意識を身体活動と結びつける力とみることができる。
Lowenによれば、その人の人生経験が身体構造を作り上げ、その身体構造が今度はパーソナリティを形成していく、そのようにして過去の体験が現在において生き続けることになる。
だから、過去の束縛から自由になるには、私たちはまず最初にこれらの拘束の源になった経験を自覚しなければならない。(Alexander Lowen 1994 村西詔司・国永史子訳 からだのスピリチュアリティ 春秋社)

Co:感情の力のところで、感情とは身体感覚でもあると話したね?
AC:はい、。怒りでさえも。
Co:長い間、感じないようにしてきた、ほんとうの自分の感情や身体感覚を大人になったいま、体験することは恐ろしいと感じるのも無理もないだろう。
AC:はい。だから、感じそうになるシーンで、心と身体をバラバラに切り離してしまうんですね。
Co:なんでだっけ?
AC:あっ、生き延びるために。
Co:そう。生き延びるために、身体を解離させて防衛するんだ。
AC:はー、しんどい。

 

関連記事

  1. ACの力とは?:身体症状の力 ac-alive-024

  2. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション 心身の安全確保 ac-alive-…

  3. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-042 ドリー…

  4. Ⅲ章:ACの力を肯定するセッション ac-alive-038 恥…

  5. 出会いは衝撃的に ac-alive-005

  6. ACの力とは?:戦争を無力化する力 ac-alive-027

  7. 自己啓発セミナーになんどもはまってしまう ac-alive-018

  8. Ⅳ章:「自分の専門家」になる冒険 ac-alive-045 コンセプト…